Skip to content

Node.js入門におすすめのサイト5選

Node.jsを始めたときに自分が参考にしたサイトを5つ紹介します。

この順番で進めていくことで、Node.jsの基本を押さえることができると思います。

ちなみに、Node.jsのバージョンは、6.3.0で確認しました。

nを使ってNode.jsをバージョンアップするには、以下のようにします。

mkdir: cannot create directory ‘/usr/local/n/versions/node/6.3.0’: Permission denied
となるので、sudoで実行する必要があります。

初心者にもわかりやすく解説!サーバーサイドJavaScript、Node.js とは?Code部

https://blog.codecamp.jp/nodejs

Node.jsの概要と、いわゆるHello Worldをします。

ここで、Node.jsの開発では使うポートを頻繁に変更するかもしれないと思い、仮想マシンのネットワークをポートフォワードからホストオンリーアダプタに変更しました。

(参考:Vagrantで作成した仮想マシンにブラウザからアクセスする

作業自動化のための Node.js 入門 – ほんじゃら堂

http://blog.honjala.net/entry/2016/03/16/003013

requestパッケージを使ってCurlのリクエストみたいなことをします。

注意点として、自分の環境(Ubuntu14.04.4)ではrequestパッケージをインストールする際に、–no-bin-links オプションが必要でした。

(参考:https://github.com/npm/npm/issues/9901

Node.js入門 | [Smart]

http://rfs.jp/sb/javascript/node

これまで見た2サイトの復習と、「Node.jsのモジュールの使い方」について書いてあります。

コアモジュールについても紹介されています。

Expressパッケージの使い方についてはとりあえず飛ばしました。

Node.js入門(初心者) | Node.js技術

http://www.nodebeginner.org/index-jp.html

画像をアップロードするサイトを作成します。

POSTメソッドなど、Webサイトの基本的な処理を扱うほか、JavaScriptの考え方や機能ごとのファイル分割についても理解することができます。

長めの記事ですが、とても良い内容なので焦らずに進めていきましょう。

Node.js入門 (全16回) – プログラミングならドットインストール

http://dotinstall.com/lessons/basic_nodejs

EJSというテンプレートエンジンを使い、POSTでデータを保存する掲示板を作成します。

MongoDB関連の部分(14,15,16回)はパスしました。

これまでの知識があれば、動画で紹介されているコマンドを少しずつ自分の環境向けに調整しながら進めることができると思います。

EJSのインストールは、package.jsonのあるディレクトリで–save-devオプションをつけて実行しました。

node_modulesにejsというフォルダが作成され、package.jsonに依存関係が追記されればOKです。

また、自分の環境では、read()メソッドで最後にnullが返ってきてしまったので、次のような分岐を追加で実装しました。

公式ドキュメントでもnullについて言及されています。

https://nodejs.org/api/stream.html#stream_readable_read_size

まとめ

自分が特に参考になると感じたサイトを紹介しました。

Comments are closed.